チャンス○ センス× ケガしにくい 晴れ男 チームプレイ× スロースターター

やっぱアメリカでも競馬~セカンド・インパクト~
http://junlopez.blog71.fc2.com/

プロフィール

Jun Lopez(左投左打)

Author:Jun Lopez(左投左打)
やっぱアメリカでも競馬(初号記)
ゴドルフィン7☆
POG ←のみ更新中

大レース観戦旅行

  • 凱旋門賞2007

  • 凱旋門賞2006
  • (ディープインパクト)
  • Kジョージ2006
  • (ハーツクライ)

    カレンダー

    最近の記事
    └コメント

    最近のコメント

    カテゴリー

    過去ログ

    リンク

    最近のトラックバック

    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    BCクラシック予想

    2006/10/31 02:42|アメリカ競馬TB:0CM:5
    というわけで正解は、「C.今頃Death Noteに夢中」でした。

    アニメ化映画化され子供から大人まで巻き込んだ、一大ブームとなっております。

    DSC03638.jpg

    DSC03640.jpg

    DSC03639.jpg


    当たって新世界の神に君臨ww


    スポンサーサイト

    遅ればせながら

    2006/10/30 12:43|日記TB:0CM:4
    大量にリンゴ買ってきました。

    DSC03701.jpg


    Qなぜでしょう?

    headache.jpg


    A.最近ビタミン不足
    B.昔から大好き
    C.今頃Death Noteに夢中
    D.iPod信者だから

    ヒント

    いや~、「◎だれだれ」と名前を書くだけで、その馬が一着になるブログがあるといんですけどね~



    天皇賞秋の回顧

    2006/10/30 00:22|日本競馬TB:0CM:0
    さて、BC。

    DSC03699.jpg


    ザサンデーフサイチ速報

    2006/10/29 11:43|POGTB:0CM:2
    弟からのメール

    「ゲート入り嫌がり、出遅れ、外まわして届かず3着」


    061029_1115~01.jpg




    寝ます _| ̄|○

    父と同じ道へ

    2006/10/29 00:45|日本競馬TB:0CM:2
    フサイチリシャールがコケルという自信はありました。

    グダグダで上半期を終えた馬が、復帰戦で登録していた盛岡のダービーグランプリを回避して、

    神戸新聞杯へ向って、まだ、菊花賞(天皇賞?)を夢見てました。

    ここまで引っぱったのは、ダート適正も微妙だということを陣営はわかっていたんじゃないか!?


    というわけで、軍資金ができました。

    でも、土曜の儲けを全部かける日曜日は、100%負けるわけですけど、天皇賞の買い目はこちら

    単勝
    インティライミ        5000円

    馬連
    インティライミから総流し

    三連複
    BOX4,5,7,8,9      

    三連単
    9→4,5,7,8→4,5,7,8

    枠連
    4-4

    馬連BOX
    1,2,8(新庄の誕生日)


    他人の誕生日馬券を買ったのは、初めてですw


    父と同じ道をたどるのは、フサイチリシャールではありません。

    京都大賞典1番人気→7着から、天皇賞秋1着というシナリオが、

    スペシャルウィークの息子・インティライミにも与えられました。


    頼むぜ、新庄号泣馬券!!

    知と恥と遅

    2006/10/28 14:18|日本競馬TB:0CM:4
    カージナルス優勝、田口世界一!!

    日ハム馬券だ!やれビールかけだ!言っておきながらなんですが、

    野球興味ないし、田口が誰かわからないのでスルーでw

    僕は、5枠9番インティライミの単勝と馬連総流しも買う予定です。

    あれだけ野球を楽しんできた新庄も、最後は号泣なんです!!

    キーワードは背番号の1番なんかでもなくオースミグラス1でもないんです。

    号泣(5-9)なんです。


    今日、新しい記事を書こうと思ったのは、そんなことではありません。

    武蔵野Sがおいしいそう!!

    フサイチリシャール 1.9倍!!

    父クロフネと同じ芦毛に生まれ、同じ道をたどり、

    その父が圧勝した同じ舞台で、ダート初お披露目。


    みんな夢みすぎだろ?w


    シーキングザベスト

    馬単1着2着総流しを買ってもらいました。

    単勝9.6倍もついているなんて日本ハムファイターズ優勝セールどころじゃない、

    超お買い得オッズだ。

    フェブラリーS、ジャパンカップダートも2着の彼に、

    9.6倍なんて!!!


    と思って賭けたのだが・・・・

    それってシーキングザダイヤのほうだったんだね orz


    誰だよ!シーキングザベストって???

    そんな馬知らねーよ!!

    もう買ってもらってしまったので仕方ない、

    来い!

    祝日本ハムファイターズ優勝!!

    2006/10/27 08:14|日本競馬TB:0CM:4
    新庄、、、号泣!!

    番 ◎インティライミ

    北海道のホームで!!

    ○コスモバルク

    日本ハムファイターズ優勝!!

    ▲ローエングリン(名前がハムっぽく・厩舎が伊藤

    △スイープトウショウ
    △ダンスインザムード

    5頭の3連複BOXでいこうと思います。

    ※44年ぶり優勝で枠連4-4にしろ、新庄胴上げ4回で4番の馬にしろ、号泣で馬連5-9にしろ、この5頭が完全なる日ハム馬券


    いや~、それにしてもスターは違うね~

    ひょっとすると、



    これもヤラセじゃないのだろうか?w



    とりあえず、アメリカのビールかけ会場も盛り上がっております。




    あと2本用意していたが、一本で、一気に冷めた。

    今を騒がす2頭のザ

    2006/10/25 00:46|POGTB:0CM:5
    ようやく、今週から僕のPOG馬が登場。

    ザサンデーフサイチ
    ジャングルバード
    ダイワスカーレット
    クルックス
    マルーンドレディーの04

    残り2頭が年内デビューしなさそう。

    残り2頭が半年遅れのオーストラリア産で、まだデビューどうこうではない。

    しかも、せっかくオーストラリア産からRock Of Gibraltarの仔を選んだのに、

    来年、日本にロックが来るというではないか!!

    できることなら選び直したいが、その際でも、やはり

    サンデーフサイチは選ぶでしょうな。


    彼の新馬戦だけを見て満足し、天皇賞前に、100人くらい帰るのではないか?


    というのも、ただの新馬戦ではない。

    シンボリクリスエスの半弟・ピサノデイラニ(Fusaichi Pegasus)も同じ新馬戦に出るのである。

    先月のキーンランドセールでも、そのピサノデイラニの半妹(Seeking the Gold)が、

    モハメド殿下の代理人のJファーガソンに2億円ほどで落札されたばかりで、

    今注目の2頭の良血が、なぜか東京1600m芝でぶつかるのだ。


    天皇賞前に、200人くらいは帰るのではないだろうか?

    (学園祭シーズンということも踏まえると)

    西海岸の星

    2006/10/24 08:14|アメリカ競馬TB:0CM:0
    馬の世界ランキングなんて、芸能人の抱かれたいランキング並みに、

    どうでもいいランキングのような気がしますが、

    ちょうどLava ManがSanta Anita Hに出た日にアメリカへ遊びにきた友達が気になっているので、

    今日は、その世界ランキング1位タイであるLava Manについて。


    今、IFHAの世界ランキングでLava Manの対照レースとなっているのは、

    去年のHollywood Gold Cup Handicapか?wと思うほど、

    その当時は、怪物かと思われたが、その後2連敗で、BCクラシックへは向かわず、

    ジャパンカップダートへ出走し、ここでも惨敗した。


    ただの一発屋かと思うと、今年に入って破竹の7連勝でBCクラシックへ駒を進めた。

    しかし、その連勝を大きく評価する者は少ない。

    5連勝で迎えた8月のPacific Classic Sの頃には、

    Lava Manはただ、西海岸のシュークリームのような甘ちゃんを倒しているだけ!

    というのが、世間の評価だった。


    全くその通りだ。


    images.jpg いくら西の銀河最強でも、北にはゴクウがいる


    scg113.jpg いくら魔界の王でも、人間界にはゴクウがいる



    Lava Manも全く骨っぽいのと戦っていないので、前走のGoodwood BCHでは、

    僕も一躍クラシック候補だったが結果を残せなかった3歳馬のBrother Derekにも負けるだろうと思っていた

    が!なんとか力で押し切り今年無敗の7連勝を達成してしまった。

    じゃあ、出るしかないじゃん!って感じだと思います。


    ただLava Manもまたキップスの大好きな

    you_ouizumi.jpg ローカルの星であることは確かだ。


    応援してあげてねw BCクラシックは11月4日です。


    もう来週へと迫ってきました。

    以前、BCは期末テストのようなもんだという表現をしましたが、

    来週の木曜日から日本からでも受けられるテストがございます。

    $1 MILLION PICK 8 CHALLENGE

    興味のある方は、上のリンク先から、

    Not an eClub member?
     REGISTER NOW

    をクリックして、NTRAのメンバー登録しておいてください。

    ○ご近所の郵便屋がわかるような英語表記の住所で
    ○STATE:日本の方は Outside US/CANADAで
    ○MailingとかいらないでしょうからNo,Noで


    BCの8レース全部当たれば、一億円(1名)
       7レースで、42インチプラズマテレビ(5名)
       6レースで、DailyRacingForm.COM使い放題(20名)
       0レースで、Churchill Downs競馬場へペアVIP旅行(1名)


    1名とか5名かよと思ってしまいますが、Pick 6 でもよくキャリーオーバーになるのに、

    Pick 8 というのは厳しいです。

    日本のみんなは、0レース狙えw

    来週の金曜日あたりには、優等生ロペスの解答もUPしますので、

    それまでは、オッズでも見ながら、勉強しててください。

    秋~自分の中での3強~

    2006/10/23 01:46|日本競馬TB:0CM:6
    天皇賞秋には、思い入れ深い馬達が集まった。

    いままで物凄い相性悪かったが、キャッシュコールマイルで2400ドル馬券をプレゼントしてくれた

    ・ダンスインザムード


    いまだ、物凄い相性の悪い

    DSC0B3677.jpg

    ・スイープトウショウ


    この2頭のじゃじゃ馬と、

    今週、完全に日本ハムファイターズが優勝すると思っている僕としては、

    同じ北の台地からやってくる

    ・コスモバルク

    も気になってしまう。

    世紀のじゃじゃ馬3頭が集う天皇賞・秋、

    全く獲る自信がないので僕も出資回避。

    ありゃ?

    2006/10/22 23:07|日本競馬TB:0CM:2
    お恥ずかしい次第でございますが、

    ソングオブウインドって・・・

    誰?

    「聞き懐かしい馬っしょ~」から無理やり菊花賞の話にもっていたが、

    全く聞いた事ない馬が勝っちゃったんで、お手上げです。

    8枠18番にいて武幸四郎で、単勝44倍では、盲点ですね。


    「今日は飛ばなかった。」並みのせこい、どうしようもない、いいわけですが、

    「そんな馬知らんかったw」


    競馬界の新庄は、やっぱ幸四郎かもと、ちょいと反省。

    ジョッキー達のおもしろコメント


    聞き懐かしい馬達

    2006/10/22 07:42|日本競馬TB:0CM:2
    からしを持ってマンハッタンへ。

    DSC03693.jpg

    絶妙なタイミングで「Taste of Chinatown」という食べ物のイベントやっていた。

    DSC03684.jpg


    どうして人は、普段、店の中で食べられるものが外に出品された時、

    スペシャルな感じがして、行列を作り、それを求めるのだろうか?

     ―ギョーザ買うのに並んでいるなんてバカだろう~

    店で300円出してうまいたこ焼きが食れるのに、

    夜店で500円出してまずいたこ焼きを食べた以来、

    僕は、屋台が嫌いだ。

    DSC03689.jpg

    目的の豚まんだけ食べました。

    そして、場外馬券場で油を売って帰宅。

    結果-20ドル

    たいしたレースはありませんでしたが、懐かしい馬を2頭発見した。

    DSC03691.jpg

    まだ走っていたのか、サラファン

    DSC03692.jpg

    でた!ノーリーズン!!

    聞き懐かしい馬っしょ~?

    ききなつかしいうまっしょーって10回言ってごらん。



    なっ、菊花賞!!

    ノーリーズンがスタート直後落馬して、

    ハズレ馬券へと変わった菊花賞は、ホントに長い3000mだった事を思い出しました。

    長丁場には心臓()が大切。

    メイショウサムソンが雑草魂で強くなっているのなら、

    デビュー前からガラクタと名づけられた馬はもっと雑草魂でがんばっているはずだ。

    ◎フサイチジャンク
    ○ドリームパスポート
    ▲メイショウサムソン

    三連単10→13→12
    三連複10-12-13

    500円ずつ買ってもらいました。

    D・TRAIN

    2006/10/21 07:47|ファッションTB:0CM:0
    小包が届いた。

    DSC03678.jpg

    といってもまあ、

    DSC03679.jpg

    自分で買ったスニーカーですけどね。

    以前はパンチが足りないとか言いましたけど、違いました。

    DSC03680.jpg

    超かっこいい~♪

    もう、超なんて死語となっているのだろうか?

    ギザカッコヨス!!

    DSC03681.jpg


    左のエース・Dontrelle Willis



    投げ方、テラワロス!!

    訂正

    2006/10/20 14:12|お知らせTB:0CM:2
    2つ前の記事「George WashingtonがBCクラシックへ出ることの深さ」

    で、僕も大きな汚点を残す結果となりましたw

    ○英ダービー馬Sir Percyと英2000ギニー馬George Washingtonがごっちゃになっている

    ○BarbaroとGeorge Washingtonは、同じ生産者だが、アメリカ産とアイルランド産

    というのを、ニホンカワウソ探検隊に発見されてしまいました。


    BCクラシックは、11月4日です。(選挙の告知してるみたいやね)

    まだまだ、先ですので、まだまだ知ったかぶりする恐れがあります。

    間違えにお気づきの際は、気軽にコメントください。 敬具

    これからどうするんだろう?

    2006/10/20 09:05|日本競馬TB:0CM:0
    DSC03656.jpg


    今年の大レースでは、ドバイワールドカップで2着となったBrass Hatも、

    薬物検査でひっかかり、その後、陣営が異議を申し立てたが、結局失格。

    検査には、結構時間がかかるので、馬券の払い戻しについては変更できない。


    残念ですが、失格だろうね。

    まあ、3着だし、あんまり馬券買った人の迷惑になってないからいいんじゃない?

    ただ、競馬の大ファンではない人や、他の国の人には、

    「薬使って、失格」だけの情報しか頭に入らないだろう。



    まあ、陣営のミスではなく、バカだとしか言いようがない。

    推測ですが、心配になった誰かが、ぎりぎりまで薬を与えていたのだろう。

    陸上やってた僕は、風邪薬でもドーピングでひっかかるなんて、

    中1の時から聞かされてたけどね。


    George WashingtonがBCクラシックへ出ることの深さ

    2006/10/19 12:31|アメリカ競馬TB:0CM:4
    まだ100%決定ではないですけど、BCクラシックへ前向きな姿勢なので、書いちゃいます。


    今年の英ダービー馬で、凱旋門賞にも出る予定だった馬なので、説明は不要でしょう。

    その彼が、BCターフでなく、BCマイルでなく、BCクラシックに出走します。


    馬主クールモアは、ついこの間、愛ダービー馬で痛手を負ったばかりなのに、

    今度は、英2000ギニー馬を連れてくるという一見、馬鹿に映ってしまうが、

    そこには、とてつもなく深い意味やロマンがあります。


    BCクラシックの鉄板一番人気である、Bernardiniという馬は、

    マクトゥーム家の馬で、マクトゥーム家というのは、ドバイを支配している一家。

    この競馬バカ家族が、ゴドルフィンとかダーレーとかマネージメントしています。

    だから、世界最強のBernardiniとDiscreet Catが、

    家族でタイトルを奪い合わなくてもいいじゃないかということで戦わないのです。


    そして、このクールモアとゴドルフィンの仲が悪いことも有名だと思います。

    お互いの主戦騎手を相手の馬に乗らせなかったり、

    クールモアは、ドバイのレースに絶対出なかったりと、

    長年、バチバチとやっているようです。


    そして、この間、ゴドルフィンの指揮をとってるシェイクモハメド殿下が、

    「アメリカにはアメリカに合った馬、ヨーロッパにはヨーロッパに合った馬で走らせないといけない」

    的なことをBloodhorseで語り、アメリカでの成功で調子にのっているので、

    クールモア側としては、どうにか鼻を明かしてやりたいんだろうなと感じてます。



    ただ、それだけではないのが、このGeorge Washingtonという馬。

    無敗のケンタッキーダービー馬Barbaroと同じ生産者なのだ。

    (方やアメリカ、方やアイルランドだそうだ)


    所有している繁殖牝馬も30頭たらずの中、今年の英2000ギニー馬、ケンタッキーダービー馬を出した。

    それだけでも、奇跡なのだが、その無敗のBarbaroが迎えた2冠目で骨折。

    そして、そのレースの勝ち馬こそ、今年BCクラシックの揺るがない鉄板役者


    Bernardiniなのだ!!


    ただ、Barbaroが未だに病院で元気に回復しているという盛り上がりにかける一面もありますが、

    今年のはじめ、シェイク・マクトゥーム氏は死んでいる。


    まだまだ、悩むね。今年のBCクラシック!! 11月4日です。



    世界の料理

    2006/10/18 11:11|ごはんTB:0CM:3
    全ての国には、他国に自慢できる料理が一品はあるもの。


    じゃあ、アメリカ料理ってなんだ?

    と聞かれると答えに困ってしまう。

    ハンバーガーだろうか?サンドウィッチだろうか?

    いったいなんなんだと気になって、結局みんな答えにたどり着かないが、

    実際のところ、答えは、超簡単。


    ガムだよ!!

    いや、ドッグフードだろうか?w

    はたまた、冷凍食品か?ww


    まあ、なんにせよ、その3つの種類の多さはハンパではない。


    今日紹介したいのは、

    DSC03677.jpg


    グリーンティガムだ!!


    奴らは、僕達のフィールドにまで足を踏み入れやがった。


    しかし、

    うまい!!


    これだけは、言っておこう。

    一日のガムを噛む量に関しては、僕はメジャー級である。

    3冠馬という栄光

    2006/10/18 02:02|アメリカ競馬TB:0CM:2
    達成するやいなや、花火が打ちあがり、

    「祝・三冠達成」と書かれた気球まで飛び出した、去年の淀の秋空。

    さて、今年どうなることやらw


    前回、David Juniorは、タイキブリザードの親戚だよってな話をしましたが、

    今回は、菊花賞ウィークという事で、ウルグアイの3冠馬 Invasor について話しましょう。

    名前は、何回か聞いたことがあるかもしれません。

    ウルグアイ3冠を達成後、翌年のUAEダービーに出走し、4着。

    フラムドパシオンにも負けてしまいましたが、その後、アメリカに渡り3連勝して、BCクラシックに挑みます。

    彼のアメリカでの強さ+UAEダービー2着馬Testimonyの不甲斐なさから、

    UAEダービー4着は、斤量+ポカだと思われ、その人気は、

    ウルグアイでもディープインパクト並みの国民的ヒーローです。


    アメリカにもう2年半ほど住んでいる僕としては、

    日本のディープインパクトを迎え入れるフランス人の気持ちで彼を見ていました。


    南米から奇跡的に生まれた名馬なんだろうという思いで、今まで、彼の走りを影ながら見てきたのですが、

    今日、血統をチェックしてビックリした。


    バブルカンパニー
     |―Candy Stripes (牡 Blushing Groom 1982)
     |   |―Invasor(牡 Candy Stripes 2002)
     | 
     |―バブルガムフェロー (牡 Sunday Silence 1993)



    僕のこよなく愛していたバブルガムフェローのお兄ちゃんの子供だった!!


    やばい、この前の印をがらっと変えると思います。

    だって、BCクラシックは、まだまだ先の11月4日です。お待ちがなくw


    菊花賞

    2006/10/17 01:06|日本競馬TB:0CM:3
    さて、賭けないといっておきながら、すぐ考えを改めるw

    競馬予想家と秋の空。


    たぶん、みんなは意識してないでしょうけど、

    この火曜日に印を打つと当たるというのが僕のジンクス。


    ドリーパスポートに横山が乗るということで、俄然やる気が出てきました。

    前走、高田騎手でさえ、サムソンを捕らえた。

    だけど、本番はサムソンだろうというのが、大半の意見です。

    そこへ、ドリームパスポート鞍上・横山!!

    というビッグニュースが飛び出し、

    それだったら、サムソンとドリパスは、五分になるのではと思い始めました。

    しかし、考えられるのが、

    ドリームパスポート+横山典弘なんて、

    今の日本で考えられる最強のタイトルには届かないだろうコンビ!

    2着になると予想します。

    そして、アンチ三冠馬誕生派の僕としては、サムソンを

    3着に置くしかありません。


    この2頭から逃げ切る、この2頭を差しきる馬なんているのだろうか?

    可能性として、未知でいて、三冠を阻止できるようなスター性をもつ馬、

    そして全てを打ち消す強運を兼ね備える馬となると、一頭しかいません。

    僕は、皐月賞、ダービーと一度も買ったことありませんが、

    あえて、今ここで、彼の可能性に賭けてみたいと思います。


    ◎フサイチジャンク
    ○ドリームパスポート
    ▲メイショウサムソン



    〒すげぇ~

    2006/10/16 03:38|日記TB:0CM:5
    なんと今、郵便局で自分オリジナルの切手を作ることができるみたい!

    郵便局「私が切手に。」キャンペーン

    確実に、今年の正月は、官製はがきに白紙で、

    自分のオリジナル切手を貼っただけの年賀状を送るのが流行るね。

    まあ、僕はアメリカにいるし、今年もらった年賀状0枚らしいから関係ないですけど、

    もし、切手だけ記念に作るとすれば、いまのところ、


    これかなw


    名前のセンス

    2006/10/16 01:03|日本競馬TB:0CM:0
    ◎カワカミプリンセス
    ○アサヒライジング
    アドマイヤキッス

    というわけで、余分な単勝を押さえてしまいましたが、

    見事とワイド的中しました。

    武騎手には反省してもらいたいものです。

    うちの愛馬の3冠すべてパ~にしやがって!!

    ディープインパクト引退決定時にも「来年もこの馬でリベンジしたかった」

    発言で、ディープを引退させようとする金子オーナーへの批判が、

    加速したと思われます。

    バ~カ!!

    やはり、関西の競馬場で武豊にオッサンから野次が飛ぶという光景も、

    ディープ人気に武人気も便乗して見られなくなっているのではないでしょうか?

    そうだとすると、逆に寂しいものですねw


    さて、来週はまた3冠馬が誕生するかもしれない菊花賞。

    菊花賞当日は特別レーシングプログラム+京都競馬場ではメイショウサムソンのポスター付き。

    僕は全く、魅力を感じません。

    なぜなら、メイショウサムソンなんて、超ださい名前だからだ。

    カワカミプリンセスよりもちょっとださい。

    アメリカでサムスンという韓国の会社のテレビとか結構流行っているから、

    世界のソニー、パナソニックと聞きながら育った日本人として、

    韓国人には悪いが、響きがすでに、2軍じみている。

    類は友を呼ぶもので、サムソンの石橋騎手も、また華やかではない。

    しかし、サムソンに勝てそうな馬が見当たらない。

    よって、賭けないw


    寒い

    2006/10/15 13:29|日本競馬TB:0CM:5
    なんとなく、気づいてはいたが、

    DSC03658l.jpg

    やっぱり寒かった。

    なんか手足の指の動きがにぶいな~と思っていましたが、

    2度までいくほど、寒かったとは・・・

    そりゃ~

    DSC03668.jpg


    足の指が切れてても気づかず、回復して、皮膚の中でカサブタを作ったところで、

    ようやく、「足の指が切れてたんだ」と気づくはずですよ。

    最近、寒すぎて感覚なかったもんw

    僕の下唇に鉛筆の芯が埋まっているというのは、

    DSC03674.jpg

    あまりにも、有名ですが、この足の指に埋まったカサブタも永遠に、

    治ることがないような気がする。

    プチ整形する箇所が増えて困るぜっ!


    もう一つケガ自慢をするなら、


    DSC03675.jpg


    足首にも、カサブタが2箇所ある。

    これは、パリを歩き回ったときに、負ったケガだ。

    この年で、カサブタを3箇所も、所持しているなんて奇跡だと思う。

    同時期に3箇所も集まった。

    集まった3箇所。

    集箇所・・・


    秋華賞の馬券は、

    単勝  アドマイヤキッス 1000円
    ワイド カワカミーアサヒ 1000円

    買ってもらいました。

    我ながら見事な買い方だと思うのだが、結果はいかに!!


    ああ、寒すぎて、寒い予想となってしまった。

    おやすみ~w


    変わり行く価値観

    2006/10/15 04:45|ファッションTB:0CM:0
    英チャンピオンS プライド1着

    そりゃ~ウィジャボードも逃げますわな。


    今日は、家でぼぉ~っとしております。

    というのも、昨日ipodを買いまして、80ギガの凄いやつなので、

    今、Youtubeで自分が当たった競馬のレース動画を落として、

    MPEG4に変換して、ipod に入れるという作業をだらだらやってます。


    しかし、今、ipodに動画が転送できないという、

    新しいデバイス買ったときに起るコンピューター音痴がイライラしている状態です。


    飽きて、ネット上を駆け回っていると、

    DSC03666l.jpg

    詳細 Freshness

    アジダスがインドネシアをイメージした久しぶりにかっこいいスニーカーを出していて、

    ipodを買って、早くも損した気分です。


    後、とうとう、ザコレクションロイヤル最後の

    不動の左のエースDontrelle Willisモデルのスニーカーも正体を現したが、

    DSC0h3659.jpg

    詳細 nike.com(メンバーのみ購入可)

    こちらは、ひとパンチ足りずって感じか。

    残された夢

    2006/10/13 08:29|アメリカ競馬TB:0CM:4
    Discreet Cat→BC回避
    Ouija Board→英チャンピオンS回避
    Alexandrova→BC回避
    Dylan Thomas→BC回避

    楽しみもなくなってきたところに、

    「ディープインパクト 年内引退」

    まあ、当たり前だろう。と、関口のオッサンが話しております。

    来年も走られると見てるほうもだるい。と、ロペスは思っております。

    関口氏が語っているように、「売り時」っていうもんがありますからね。

    その後、関口氏は、ディープ人気に担がれていたJRAはどうするの?など、

    ザサンデーフサイチという最強馬を所持しながら、

    今年のフサイチ軍団の2歳馬が2戦2勝と絶好調の彼は、JRAの心配をする余裕っぷりです。

    しかし、JRAもベストな「買い時」で、

    David Juniorを購入したところです。

    2000m前後のヨーロッパでトップクラス、
    そして、父には、日本でも馴染みの深いタップダンスシチーと同じプレザントタップ。

    ただ、それだけではありません。

    母系を辿ると、

    Tree of Knowledge( 牝 1977 Sassafras )
     |―North Of Eden( 牝 1983 Northfields )
     |  |―パラダイスクリーク( 牡 1989 Irish River )
     |  |―Paradise River( 牝 1994 Irish River )
     |     |―David Junior( 牡 2002 Pleasant Tap )
     |
     |―タイキブリザード( 牡 1991 Seattle Slew )


    あの2年連続BCクラシックに挑戦したタイキブリザードの親戚です。

    その馬が、8月には今年の目標をBCクラシック一本に絞ってきました。

    この馬を日本人が買いたいわけがよ~くわかります。


    しかし、今年は、何度も言ってますが、Bernardiniというモンスターがいる。

    いや、ケンタッキー馬Barbaro骨折時に大きく飛躍したそのモンスターは、

    すでに、モンスターからアメリカのスーパースターへと変貌を遂げている。



    Breeders' Cup Classic

    ◎David Junior
    ○Giacomo
    ▲Bernardini



    男前には反発したくなると同様に、人気馬は買いたくないw

    今年のBCは、JRAの夢ととも歩んでいこう。


    てか、BCはまだまだ先の11月4日です。お間違えがなくw




    DISCREET CAT

    2006/10/12 11:03|アメリカ競馬TB:0CM:0
    ゴドルフィンから正式発表があり、BCクラシックに使わず、

    11月25日アケダクト競馬場のシガーマイルを使って今年を終えることとなった。

    とりあえず、僕の中で今年の競馬、早くも終わりです。

    勉強しよっと。


    ディスクリートキャットよ、ディスクリートにもほどがあるだろ。


    最後の一冠!?変則二冠目!?秋華賞

    2006/10/10 11:24|日本競馬TB:0CM:6
    僕は、アドマイヤキッスのペーパーオーナーだ。

    残念ながらPOG期間内にG1のタイトルを手にすることができなかったが、

    実力は、完全にこの世代のTOPクラス。

    エリザベスは、強い古馬がいるので、ここ勝てないと無冠で終わるだろう。

    なので、秋華賞を予想する気はなかったし、

    イギリスでは、英チャンピオンSに凱旋門賞レベルの豪華メンバー

    イギリスの2歳チャンピオンを決めるデュハーストSもあり、

    今週末は、気持ちはイギリスにいる気分でいようと思っていたのですが、


    ニュース見た?


    松坂メジャーへいよいよ本格始動か!!



    これによって秋華賞の予想が盛り上がるのですよ。

    斬新な予想家の僕としては!w


    さて、いまから、野球無知トークをおっぴろげるだろうが、

    自己満足でやっていくので、気にしないでください。

    ヤンキースが負けたことも今日まで知らなかったほどです。


    松坂といえば、やはり脱三振、でもプロでは以外に勝負弱いというのは、玄人の見方ですが、

    僕なんかは、今でも、

    松坂=ノーヒットノーラン である。

    そんな彼が、メジャーリーグ(アメリカ)にやってくるのだ。

    その2点を踏まえたうえで、秋華賞の登録メンバーを見ると、

    一頭だけ、その型にぴったりはまった馬がいる。


    カワカミプリンセスだ!!

    唯一の無敗だということで、ノーヒットノーランの項目に該当し、

    血統背景が、これぞアメリカンってなくらいアメリカの有名馬の名を連ねている。

    しかも、カワカミプリンセスは6月5日の遅生まれで、一番パワーアップしていることが予想される。

    そして、なにを隠そう、6月5日とは、僕の誕生日でもある!!

    6月5日の遅生まれには過去にダンスインザダークもいたりして、

    秋には、見違えるような力をつけていた。

    あと唯一、メンバーでアメリカの地を知るアサヒライジングとのワイドでいいだろう。

    ◎カワカミプリンセス
    ○アサヒライジング


    なぜ、ワイドかって?

    それでもやっぱり僕は、アドマイヤキッスのペーパーオーナーだもんw


    休日

    2006/10/10 09:55|日記TB:0CM:0
    フランスの土産物の荷造り完了しました。

    DSC03664.jpg

    到着まで、しばしお待ち下さいと言いたいところだが、

    今日、郵便局、閉まってたよ!!

    ありえん。

    そして、この重い荷物を預けられず、抱えて、バイト先へ行くと、

    閉まってたよ!!

    ありえん。

    そこらへんにいたオッサンに聞くと、今日はコロンブスの日という休日だそうだ。

    学校あったのに!?


    ああ、なんで休日すら、うっとうしいのか。

    月末も、ハロウィーンの日に学校があるのに、翌日は休みだったり、

    たまにユダヤ教の休日で、店とかは休みだけど、学校はあったり、

    2月頃に、チャイニーズニューイヤーだ~!と元旦を祝っている奴もいる。


    というわけで、荷物を再度送るのは、金曜日ということで、

    天皇賞秋前くらいに、着くんじゃないかと思われます。

    完全に、凱旋門賞ムード終わってるよねww


    当ブログでは、そのムードを荷物が届くまで切らせないために、

    この一ヶ月、ずっと凱旋門賞をテーマとして、記事を書いていこうと思います。


    それでは、写真で振り返ろう凱旋門賞





    ・・・

    Cマルが完全に邪魔だね。

    そんな方に、いい写真が撮れているところ発見しました。

    ○ガラスの競馬場

    メールでその壁紙くれっとメッセージを送るとすぐにくれます。

    DSC03666.jpg

    2着には残らないとだめだよな~

    今週の土曜日がすごかった理由

    2006/10/08 12:23|アメリカ競馬TB:0CM:0
    2レースのレース中にベルモント競馬場に到着。

    $456,860ものお金がキャリーオーバーだったので、

    5レースまでPick6の予想に没頭した。

    しかも、今日の10レースの勝ち馬はすでに決まっているという、

    ここぞとないPick6を獲るチャンスだった。


    しかし、凱旋門賞の件で悪い意味で僕は調子に乗ってると思ったので、

    今日の競馬は$100縛りルールで遊ぶことにした。


    絞りに絞った32点買い、64ドル投資したPick6。

    1レース目で、プラド騎手が持ってこなくてもいいヘボイ馬で逃げ切り、

    速攻 ー64ドル。


    6つのレース連続当てないといけないのに一発目で負けることの辛さ。

    速攻やる気を失い、残りのお金で、Pick4やナショナルPick4を買って観戦モードに入った。


    6レース  勝ち馬 Fleet Indian
    7レース  勝ち馬 Honey Ryder

    と牝馬のダート・芝G1が終わり、8レース注目のスプリント戦Vosburgh Sです。

    昨日、ほざいていた、

    今年のBCには参戦しないと決めている、遠征×の去年のBCスプリントチャンピオンSilver Train

     対

    2歳の頃からその才能を見せつけていて、ようやく7月に復帰して、やはり桁違いの強さを見せるHenny Hughes

    5番 Silver Train
    1番 Henny Hughes



    1着 Henny Hughes
    5着 Silver Train (ゲツ)

    100ドル縛りにしておいてよかったです。
    普通なら単勝につっこんでいたところでした。


    1着馬のHenny Hughes

    DSC03635.jpg

    たぶん、今年のBCスプリント獲るので覚えておこう。

    そして、9レースで、English Channelというアメリカの馬がヨーロッパ組もいる中、

    人気に応え、芝のG1勝ちやがって、Pick4もはずれました。

    まあ、この馬は覚える必要ないでしょう。


    だけど、次の馬は忘れないでください。

    Bernardiniは!!

    本日最終10レースThe Jockey Club Gold Cup(G1)

    1番Bernardini(プリークネスS、トラヴァーズSの勝ち馬)
    2番Dylan thomas(愛ダービー、愛チャンピオンSの勝ち馬)
    3番Wanderin Boy
    4番Andromeda's Hero



    戻ってきました。



    大方の予想通り、Dylan thomasはスタートしてすぐに、

    「なんだこの砂は??」というヨーロッパ馬お決まりのリアクションを見せ、惨敗。

    Bernardiniが、2番手につけ、直線入り口で先頭に並び、

    アメリカ客、Bernardiniのファンが一斉に、

    「おやすみ~」「バイバイ~」「次はBC~」と叫ぶのと同じタイミングで、

    Bernardiniが持ったままで突き放して圧勝し、レースが終わった。


    強い馬が強い勝ち方をするのは、興奮し、何度もみたいものだが、

    このBernardiniの場合は、強すぎて、BCクラシックもまたこんな感じのレースをするのであれば、

    見に行くのだるいなっ、もうお手上げ状態になってしまう。


    そんな満腹状態で、ナショナルPick4最終戦をリーチで迎えたのですが、

    126lbでないだろうと思っていたLava Manが、またまた勝ち、今日馬券全滅。


    しかし、帰りの電車の中で、

    先週は、パリのロンシャン競馬場にいて、

    今日は、ニューヨークのベルモント競馬場にいるなんて、

    なんて贅沢なんだろうかと、改めて感じました。


    今日のタダで、もらったはずのもの

    DSC03656.jpg

    130ドルのブランケット(30ドル我慢できなく追加して賭けた)

    以下も、以前にタダでもらっているはずのベルモント競馬場からのプレゼント
    DSC03663.jpg

    DSC03659.jpg

    DSC03658.jpg


    アメリカの競馬場って気前いいでしょ?

    しかし、無料で競馬場からプレゼントをもらったときの勝率、

    0%

    今週の土曜日がすごい理由

    2006/10/07 08:53|アメリカ競馬TB:0CM:2
    凱旋門賞を見終えて、

    「いや~世界で3位かー。上には上がいるってことだね~」

    とディープインパクトファンが声をかけてきたので、

    「いや、やっぱり今世界の最強馬はアメリカ馬ですよ。」につぶやくと、

    「ダートでしょ?」という、なんだか2軍だろ的な言い方をしてくる。

    ノンノンノンノン。

    ディープインパクトおよびハーツクライの父親であり、日本競馬界は、

    たかだかサンデーサイレンス一頭の独占上だったと知ってのことかい?

    たかだか一頭のクリスエス産駒が日本のG1を総なめにした事をもうお忘れなのかい?


    とは、言わない。

    そんな奴は相手にしない。



    只今、名実ともに世界NO.1であろうBernardiniが明日のベルモント競馬場で行われる

    The Jockey Club Gold Cupに出走してきます。

    不運のケンタッキーダービー馬Barbaroがいたら・・・なんて思っている人がいなくなったんじゃないかという圧倒的な強さで、目下5連勝中。

    誰も俺を止められないぜというフレーズは、よく耳にしますが、

    誰もこの馬を止めようとしないんです。できないんです。

    だから、今回のThe Jockey Club Gold Cupも4頭立てとなってしまいました。

    (ちなみに、The Jockey Club Gold Cupは、BCができるまでこれが秋の古馬最強決定レースだったという伝統と格式のあるG1)

    じゃあ、別にその馬が勝って終わりだろ?ってなところですが、

    今回、いつもと違うのが、

    その4頭の中の一頭にヨーロッパの3歳トップクラスの馬が参戦しているのです。

    Dylan Thomasという馬をご存知でしょうか?

    愛ダービー馬で、この間の愛チャンピオンSでウイジャボードを粉砕してのアメリカ参戦。

    クラシックの相手関係(今年はDragon Dancer基準)からも凱旋門賞馬レイルリンクと並ぶ、

    3歳最強の一角です。

    BCクラシック参戦を示しており、いつものヨーロッパ組は、

    一発勝負でBCに来るのですが、ことごとく惨敗しているため、

    今年は、ステップを使ってくるという思考を変え、

    惨敗すれば、BCターフに出せばいいだろうと変更が効くすばらしい作戦できています。

    まあ~、Bernardiniの独壇場でしょう。


    みんな、彼を止められるとすれば、Discreet Catしかいないと思っているんですが、

    BC参戦は、まだはっきりしない模様で(10日以内に決定)、

    もしかしたら、Cigar Mileのどちらかで今年を終えるという。


    後者という最悪な場合にも備えて、

    僕は、明日のVosburgh S(スプリントG1)のほうが気になります。

    というのは、

    今年のBCには参戦しないと決めている、遠征×の去年のBCスプリントチャンピオンSilver Train

     対

    2歳の頃からその才能を見せつけていて、ようやく7月に復帰して、やはり桁違いの強さを見せるHenny Hughes

    という注目カードなのですが、ここは、今後ニューヨーク滞在予定のSilver Trainに圧勝してもらわないと、

    Discreet Catが、Cigar Mile(アケダクト競馬場・ニューヨーク)に出る場合の盛り上がりに欠けてしまうのです。


    他にもまだまだ注目馬が出走する物凄い土曜日。


    ○Fleet Indianがどんな馬なのか?

    ○まあ、見ておこうか、その他の芝G1

    ○さすがに一頭だけ126lbでは止まるだろうLava Manの連勝の行方


    など、おちおち授業のレポートにも手がつけられないぜっ!

    ブリーダーズカップ

    2006/10/06 09:03|アメリカ競馬TB:0CM:0
    さて、11月4日のBREEDERS' CUPまで、あと一ヶ月。

    BREEDERS' CUPは、競馬ファンに与えられる期末テストのようなものだと僕は思っています。

    各分野ごとに分かれて集まった最強馬がどんなレースをするか予想する場。

    もちろん、ファンは今年一年自分なりに勉強してきますから、

    これらの

    ○Juvenile Fillies
    ○Juvenile
    ○Filly & Mare Turf
    ○Sprint
    ○Mile
    ○Distaff
    ○Turf
    ○Classic

    8教科に分かれたテストを受け、何レース当たるかを楽しみます。

    去年はFilly & Mare TurfとClassicのみだけど+500ドルほど。

    今年は、凱旋門賞で、あんなに大暴れしてきたので、

    BC完全制覇くらいしないと、ブログ的に盛り上がらないかなと、肩に力が入っておりますw


    そして、そのBREEDERS' CUPのプレビューとなる大事なレースが、

    今週、土曜日のベルモント競馬場に集結。


    現地で予習して参ります。



    RSSフィード

    ブログ内検索

     |  未分類 | 日本競馬 | アメリカ競馬 | ヨーロッパ競馬 | その他競馬 | POG | ごはん | ゲーム | ファッション | スポーツ | 音楽 | 本・映画 | 日記 | お知らせ | きょうのわんこ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. やっぱアメリカでも競馬~セカンド・インパクト~
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。