チャンス○ センス× ケガしにくい 晴れ男 チームプレイ× スロースターター

やっぱアメリカでも競馬~セカンド・インパクト~
http://junlopez.blog71.fc2.com/

プロフィール

Jun Lopez(左投左打)

Author:Jun Lopez(左投左打)
やっぱアメリカでも競馬(初号記)
ゴドルフィン7☆
POG ←のみ更新中

大レース観戦旅行

  • 凱旋門賞2007

  • 凱旋門賞2006
  • (ディープインパクト)
  • Kジョージ2006
  • (ハーツクライ)

    カレンダー

    最近の記事
    └コメント

    最近のコメント

    カテゴリー

    過去ログ

    リンク

    最近のトラックバック

    全ての記事を表示する

    全ての記事を表示する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    スポンサーサイト

    --/--/-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    惚れた

    2007/01/17 07:53|ヨーロッパ競馬TB:0CM:4
    今日のRACING POST UKのトップ画像がかっこよすぎる。

    rankings_cover_spl.jpg

    George WashingtonとBernardiniの間に少し空間があるので、

    好きな馬入れろってことやろw(まあ、違うけど

    DSC0392600.jpg

    Rail Linkを付け加えて、デスクトップの背景にしてみた。

    個人の気持ち的には、InvasorをElectrocutionistにして、

    George Washingtonもダンスインザムードに変えたいところだけど、

    そんな技術ないので、我慢するか・・・
    スポンサーサイト

    完The Prix de l'Arc de Triomphe Lucien Barrière

    2006/10/05 09:20|ヨーロッパ競馬TB:0CM:4
    やはり現地の競馬新聞「Paris Turf」に載ったそうです。(ナイスリッツ!)

    >フルサイズも発見
    7925.jpg



    これは、10月3日の新聞で、僕がフランスを出国したのが、2日。

    残念ながら新聞を買うことができませんでしたが、これを見た日本人、フランス人、イギリス人は、

    「あっ!あいつや!!」

    と叫んだに間違いありません。

    他にも、

    ○フランステレビ局のインタビュー×1
    ○日本の新聞社からの撮影×3
    ○フランスギャロの服を着た関係者からの撮影×5
    ○パドックでのテレビカメラ撮影×3
    ○一般外国人からの記念写真撮影×5
    ○外国人からの笑顔×∞

    などなど、めざましテレビにも映ったそうですし、

    僕にディープインパクトどうや?と聞いてきた外国の方々には、

    ないな、レイルリンクや!と教えてあげたり、

    私の一番好きな馬はラムタラだったというイギリスのおばあさんには、

    あいつ日本でぜんぜんダメで今年イギリスに帰ったよと教えてあげたり、

    多大なる貢献をしてきました。



    なのに、なのに、

    なんだ、この山のように残っている学校の宿題は!!ww

    一気に現実へと引き戻されました。


    コーヒーとチョコレートを摂取しながら徹夜です。

    DSC03631.jpg


    なので、お土産等を日本に送るのはすこし遅れそうです、あしからず。


    ああ~早く雨降らないかなぁ~


    DSC03630.jpg



    続The Prix de l'Arc de Triomphe Lucien Barrière

    2006/10/03 14:18|ヨーロッパ競馬TB:0CM:7
    続き


    残念ながら、新聞には載っていませんでした。

    では、なぜそんな期待を持ったのか、凱旋門賞の続きをお話しましょう。



    出発前から本命は、レイルリンクでした。

    馬券は、まず、レイルリンクからハリケーンラン、シロッコ、ディープインパクトに馬連で50ユーロずつ買いました。

    しかし、イギリスでの失敗を生かして、せっかく◎の馬が1着に来ているのに、

    馬券はずれて帰るにはいかないと、

    単勝レイルリンク100ユーロも購入していました。

    DSC03612.jpg



    完全に、日本人としては裏切り者馬券を持って、ディープインパクトファンが敷き詰めるパドック最前列から2番目に何者顔で侵入。

    日本のテレビにちらっと映ったそうです。


    061002_010759.jpg
    右下隅
    (ありがとうリッツ!)

    お返しに、パドックの写真をどうぞ。

    ディープインパクト
    DSC03589.jpg

    レイルリンク
    DSC03590.jpg



    僕が撮ったのはこの2枚だけだww

    馬を見ずに、カメラばっかり見ていた。

    そして、レース自体は、勝者の帰りを待つためにずっとパドックからスクリーンを見ていました。

    直線、ディープインパクトが先頭に立つと、それまで、無言だった僕は、

    思わず、声をあげた!

    カモーン・パスキエ~~~

    外から、見事な末脚で、ディープをかわす。

    おっしゃ~~~~~~~~!!!!!

    ほかの馬もつっこんでくる・・・

    だれや~~~~~~~~~!!!!!

    ディープが誰かに差されたことはわかったが、気にはならなかった。

    渾身の◎レイルリンク単勝を100ユーロでゲットしたのだ。

    戻ってくる。パスキエとレイルリンク。


    (要時間)

    声が裏返る僕。

    アメリカから、わざわざレイルリンクカラーの服を揃え、パリへ渡ったという、

    馬券だけじゃない、快心の一発となりました。

    ただのかって気ままに、目立てばいいと用意した自由の女神ハットをかぶった僕は、

    (全くフランスの新聞にそんな記事書いてないから自分で言うけど)

    見事に、勝利の女神の役目を果たしました。

    俺を映せ!!この服装を見ろ!!絶対いい絵撮れるぞ!!

    と心で願いながら、報道陣を見ていたのですが、彼らは、勝利ジョッキーパスキエを撮るのに必死。

    そして、ゴール前での表彰式にはけてしまった。

    だが、気が付くと僕も追いかけていた。

    この1ヶ月、ずっとレイルリンクが勝つことだけを祈っていたのだから。

    DSC03604.jpg

    よくやった、レイルリンク陣営。

    そして、表彰式が終わると、パスキエは、また、パドックに向かって走った。

    彼には、次のレースも騎乗予定があったからだ。

    報道陣も彼を取り囲みながら走る。

    なぜだかわからないが、このままでは終わらないような気がして僕も更に追いかける。

    なにかが起きるような気がした。


    そして、パドックへ行く通路を曲がったところで、ぎりぎりパスキエをとらえた。

    そして、叫んださ!!

    パスキエ~~

    パスキエ~~

    パスキエ~~

    すると、彼は、僕に気づいた!!!

    だって、自分と同じ格好をした自由の女神が叫んでるんだものw

    なにか言いながら近づいてくるパスキエ。

    僕も、なにか、ずっと祈ってたよ的なことを英語で言った。

    その光景に、報道陣もここぞとばかりにシャッターをきる。

    何をしていいかわからなくなった僕は、とりあえず、レープロを出してサインしてもらった。

    サインしてもらっている時は、パスキエの肩をポンポンポンポン叩いていた。

    DSC03611.jpg


    そのときは、もちろん、今日のアブデュラ殿下服に僕もアレンジしていた。

    これが、凱旋門賞を勝った直後の喜び溢れるパスキエのサインです。

    DSC03616.jpg

    さ~て1万円からスタートしようか?w

    物凄い思い出だな、これっ!!!


    そして、この興奮は、さらに加速した。

    レイルリンクの前日オッズは、だいたいのオッズメーカーで9倍くらいだった。

    しかし、凱旋門賞当日、ディープインパクトの有り得ない1,1倍の支持。

    これが、どういうことか競馬好きのあなたはわかるであろう。

    他の馬のオッズが、跳ね上がるのだ!!

    イギリスのブックメーカー、アメリカのオッズでは、ありえない、

    わざわざ、現地フランスで購入したからこそ手に入った、

    単勝レイルリンク 24倍の奇跡

    DSC03613.jpg

    2460ユーロ(約35万円)をゲットしました。

    しかも、友達のあこがれる、

    DSC03615.jpg


    帯付き払い戻し!!

    ヨーロッパでは、50ユーロ×20枚で帯するっぽいね。

    ディープインパクトファンのおかげで、

    旅行費、買い物代すべて、タダになりました。

    いや~どうもありがとう。

    まあ、ディープインパクトについては酒の席で話しましょう。

    この凱旋門賞を見て、アメリカにはもっと強い馬が2頭いることを日本の方に教えてあげたいと思いました。

    勝利の晩餐は、パリで、ポルトガル料理を食べw、

    翌朝、11時におきて、予定していたルーブル美術館もまわれず、

    競馬は、最高に楽しんだが、フランスでなにしてんだという結末。

    でも、また、パリに帰ってくるよ、僕はフランスが大好きだ。

    儲けたから言ってるんじゃなくて、なんか、アメリカが邪道じゃないかと思うくらい、雰囲気が良い。

    イギリスは、英語が通じるので外国に行った気がしなかったが、

    フランスは、言葉が違うので、逆に、いい感じでハメがはずせる。

    はしゃぎすぎだったかもしれませんが、やっぱりハメをはずす所で、ハメをはずさないとね、旅行というものは。

    勝ったお金は、使いまくってきましたww

    DSC03627.jpg


    イヴサンローランのジャケット 12万円
    ジャケットに付けるピン     1万円
    エルメスのスカーフ       4万円

    以上は自分へのお土産。

    DSC03624.jpg


    まさか、エルメスで自分の分までスカーフを買うとは思わなかったww


    さ~て、次は、ドバウィ? 

    Oui~


    3話へ

    祝The Prix de l'Arc de Triomphe Lucien Barrière

    2006/10/02 08:11|ヨーロッパ競馬TB:0CM:2
    アメリカからフランスに返還された馬鹿・自由のロペスは、

    このパリ・ロンシャンの地で伝説を作った。



    DSC03555.jpg


    おはようございます。

    ホテルを飛び出し、朝ごはんなしで予約していたので、

    近くのパン屋でクロワッサン買って食べました。

    そして、パン屋で時間を聞いたのですが、なんと、午前8時30分!!

    開門は11時です。自分、また、時計、持ってません。



    でも、ホテルには帰りたくないのです。

    日本人2人客が2ペア。フロントに腰掛けてました。

    (早くも同志に出会えるなんて)


    2度寝の恐れもあるので、足早とロンシャン競馬場に向かいました。

    電車と無料の送迎バスを乗り継いで、競馬場へ向かったのですが、

    電車、バス内、7割、日本人!!!

    パリでのありえない光景に驚いていたのですが、

    到着して更にビックリ!!

    あほほど、開門前の入り口に日本人が押し寄せている。

    まあ、彼らも、僕の自由の女神スタイルには、びっくりしただろうけどね。

    そして、開門前の様子の写真を各新聞記者が撮影していました。

    もちろん、僕には、「こっち来てココに立って」などの注文がきます。

    (今日のスポーツ新聞、各社チェックよろしくw)

    そりゃあ、ディープのユニフォーム着ている奴や、ハチマキ巻いている奴より、

    僕のほうがディープインパクトですからね。



    そして、開門。

    当日チケットを購入した後だと、やはり痛恨の出遅れ。

    日本人があほほど、レーシングプログラムの取り合いをしている真っ只中で、

    手渡ししている地元関係者は、怒ってました。

    「もうない」と叫び、日本人客を追い払います。

    (僕は粘る)

    すると机の下から、泣きの数十冊を出してきました。

    群がる日本人。

    カンカンなフランス人。

    日本人に渡してなるものかムードが漂っていたので、

    僕は、英語で叫びました。

    僕はこんなアホ日本人じゃない、なんで、一冊ももらえないんだ!と。

    執念で、ゲットしました。

    でも、この後、日本人案内所へ行くと、普通にもらえました。

    ドゥ シルブプレッ と言ってみました。2冊もらえましたw

    そんなこんなで、ロンシャン競馬場内を2歩目、ようやく歩みます。

    DSC03568.jpg

    DSC03558.jpg

    DSC03560.jpg


    アスコット競馬場のほうがレベル高いかな。

    まあ、飽きるほど有名な凱旋門賞だからかもしれない。

    小学生の頃からゲームで見てきたので、ああこんなもんかと思いました。

    そして、列にならんで、今日、買う馬券をまとめ買いしておきました。

    といっても、オペラ賞と凱旋門賞しか賭けないですけど。

    でも、これが難儀なものでした。

    日本人が予想以上に、単勝を買うのです。

    DSC03557.jpg


    ↑500枚買った馬鹿。(何気に僕も興奮しながらシャッターを切ってしまったがw)

    30分ほど並んでようやく買うことができました。



    そして、恒例のすることなしモードです。

    今日も2レースしか買ってない僕は暇で暇でしかたありません。

    DSC03561.jpg


    赤ワインの見ながらレーシングポスト読破。

    まさか、宮本武蔵のくだりが英語にまで訳されているなんて・・・

    さぶっ!!


    DSC03565.jpg


    ミニワインボトルを2本空け、いい感じになってきましたが、暇です。

    帽子コンテストに参加しました。

    DSC03566.jpg


    (嘘です。ただの思い出作りw)

    ぶらぶらぷらぷらふらふらし、

    DSC03567.jpg


    3本目のワインを空けたところで、ようやく4レースのオペラ賞となりました。

    正直、僕も、凱旋門賞出る予定だった3番マンデシャと、

    英愛オークスをぶっちぎった3歳牝馬アレクサンドローヴァ(5番)くらししか知りません。




    そして、もちろんその2頭のレースだと思ってました。





    アレクサンドローヴァ、全く伸びず、惨敗。

    一番前のラチ沿いで競馬見れないなと思った瞬間でもあります。

    便をすませ、パドックで凱旋門賞待ちしようと、戻ると、どこもかしこも人だらけ。

    ディープインパクトの出るレースは世界中どこでも最前列は、厳しいだろうな。

    しかも、日本人だけではないんです。

    DSC03592.jpg


    ディープインパクトが滞在していた近くに住んでいたというちびっ子。

    でも朝から、ずっと一番前を陣取っている熱狂的なファンだ。

    その間に、レイルリンクファンが写っているなんて、胸が痛い。

    そんなこんなで、凱旋門賞のお時間となりました。


    ・・・・

    ごめん眠いw

    続きは帰宅後。

    そして、この話を終わらせるには、もしかしたら明日の新聞もいるだろうから・・・

    フランス報道陣に囲まれ、凱旋門賞勝利ジョッキー・パスキエと一緒に物凄いフラッシュをあびてきた。



    2話へ

    おい、じゃあ、ぼーっと するしかない

    2006/09/29 10:44|ヨーロッパ競馬TB:0CM:2
    ウィジャボードがオペラ賞回避しやがった!!

    馬場が悪くなるかららしいぞ。やっぱ雨か・・・

    日本では、凱旋門賞、一色かもしれませんが、

    当日のロンシャンはG1が6個あります。

    2R カドラン賞 
    3R アベイユドロンシャン賞 
    4R オペラ賞
    5R マルセルブサック賞 
    6R ジャンリュックラガルデール賞 
    7R 凱旋門賞

    7レースまで、暇だろうなぁ~

    すでに巻き起こるディープインパクト現象 In おフランス

    2006/09/29 08:24|ヨーロッパ競馬TB:0CM:2
    4000人規模の日本人が凱旋門賞に訪れることが予想され、

    JRAとフランスギャロが馬券売り上げUp対策で、

    日本人専用投票用紙を用意してくれるらしい。

    その用紙の一番上の項目には、

    ディープインパクトの単勝何枚ほしいと、

    数字だけ記入する部分も設けられている。(詳細SANSPO.COM

    すごいなっw

    もうぶっちぎりで一番人気になることが確立されたね。


    現在、1ユーロ・149円です。

    馬券は、最低2ユーロです。


    YOU達、何枚ほしい?ww


    あと、気になるお告げが一つ。

    今週のめざまし週末占いなんだが、

    DSC03458kk.jpg


    !!!!!




    DSC03468.jpg


    アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \



    でたぁ

    2006/09/26 07:41|ヨーロッパ競馬TB:0CM:1
    ロペス“晴れ”舞台!これぞ強運、予報10・1は良馬場

    よかった~

    実は、自由の女神のかぶりものは、スポンジ素材だったのです。

    雨降ったら、どうなることかと思ってました。

    よっ、晴れ男。

    RSSフィード

    ブログ内検索

     |  未分類 | 日本競馬 | アメリカ競馬 | ヨーロッパ競馬 | その他競馬 | POG | ごはん | ゲーム | ファッション | スポーツ | 音楽 | 本・映画 | 日記 | お知らせ | きょうのわんこ | 
    Copyright(C) 2007All Rights Reserved. やっぱアメリカでも競馬~セカンド・インパクト~
    Powered by FC2ブログ.
    template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。